スノーボード上達革命 DVD 松本佳之 木の葉落とし コツ 練習

木の葉落としのコツ

木の葉落としが上手く出来ますか?
初心者の方は横滑りができるよになったら、木の葉落としをやって行きたい方向に進めるようになると良いですね。

 

 

スノーボードの基本姿勢から、進行したい方の足へ少し重心を持っていくと、ボードは斜面斜め下に滑り出し、後ろ側の足を前に押し出すと止まります。
そして、止まったら次に、これまでの進行方向とは反対の足に重心を移して、体重をかけていくと再び滑り始めます。

 

 

これを繰り返しながら斜面をジグザグに滑るのが、基本とも言うべき木の葉落としです。
この滑走方法は、進む方向に対してしっかり上半身を向けて、進行方向側の肩を使って滑りを誘導させるようにするのが大切です。

 

 

足首と膝を使ってスノーボードを傾けて、コントロールしながら、基本姿勢を保ちながら木の葉落としを行っていきましょう。
また、進みたい方向に向きを変える時に、力づくで体をひねったり、意図してボードをより前に押すようにしてしまうと、重心をスムーズに移すことが出来なくなってしまうので、絶対に進みたい方向の足に重心を移動させながら重さをかけていきましょう。

 

 

この木の葉落としをやることで、斜滑降の練習にもなり、少しだけ重心を前に移動させるターンの取っ掛かりと斜面に対してのスノーボードを傾ける感触を覚え込むことができ、基本のボード操作を身につけられるんですね。

 

 

これで、右でも左でも自由自在に行けるようになれば、どんな斜面でも降りて来られるようになってきます。
なお、この木の葉落としは、目線は足元ではなく、滑る方向の先を見るように意識して、基本姿勢をキープしながら滑るのがコツです。

 

 

初心者からでも木の葉落としを半日でマスターする方法をお教えします!

 

スノーボード上達革命DVDの詳細を見てみる >>

 

 

 
購入者の声 スノボード上達の基本 ターンのコツ カービングターンについて リンク集