スノーボード上達革命 DVD 松本佳之 ドリフトターン コツ 練習

ドリフトターンのコツ

フロントサイドのドリフトターンが上手く出来ていますか?
フロントサイドターンで苦戦している思ったより多いものですね。

 

 

そして、ボードのエッジをズラしてターンするドリフトの技術は、スノーボードのターンの基本になるのでしっかり練習しておくことが大切です。
フロントサイドのドリフトターンのやり方やコツとしては、基本姿勢のかかと側のボードのエッジを傾けたバックサイドの斜滑降から、進行方向に立ち上がりながら前足に重心を移動させます。

 

 

前側の肩と腕を使ってターン方向へ先行させるようにすると、ボードが回りはじめますので、フォールラインをノーズが向いたら体をターンの円弧の内側にやや入れながら、ゆっくりとつま先側のエッジに荷重させていきます。

 

 

この時に、どちらかといえば、テールを前足を軸にしてターンの外側に滑らしてスライドさせるようにすると上手くいきやすいです。
ですが、あまり入れすぎると、つま先側にエッジが乗りすぎてしまって、スライド出来なくなるので注意し、斜面に対してボードが横になったら両足にウエイトをかけて低い姿勢でターンをしていくと良いでしょう。

 

 

初めは、フロントサイドの時は、どうしても荷重をうまくかけられないので、無理にターンを行ってしまうとエッジが立ち過ぎてしまい、上手くターンが出来なくなります。

 

 

その為、低い姿勢から伸び上るように立ち上がり重心を前足に移し、前の肩と腕をターン方向に先行させ、前足のトゥサイドに荷重させ、両足に掛かった状態でターンを仕上げるようにします。
また、フロントサイドのターンで注意したいのが、ボードの進行方向に対して上半身を逆に大きくひねってしまうことです。

 

 

つま先側のエッジを踏んでフォールラインを向いた後は、斜面の上側へボードが回っていくにつれて、山側を体が向くのが正しいのですが、この時に進行方向が見えなくなるという恐怖心から、上半身を谷側に向けるようにしてしまうことが体の逆ひねりをする最も多い原因です。

 

 

こうなると、重心が後ろに乗ったままになりやすく、スピードターンになればなるほどボードのコントロールがしにくくなり、転んでしまうので、この癖がある人は早めに直すようにして下さい。
そして、両足に均等に力が加わったターンをするには、スピードに負けないように、ボードに対して体の軸を垂直になるようにし、ボードの真上にシッカリ乗るようにしていきましょう。

 

 

フロントサイドターンのコツをお教えします?

 

スノーボード上達革命DVDの詳細を見てみる >>

 

 

 

 
購入者の声 スノボード上達の基本 ターンのコツ カービングターンについて リンク集