スノーボード上達革命 DVD 松本佳之 バックサイドターン コツ 練習

バックサイドターンのやりかた

バックサイドターンでは、体重をのせようとすると、どうしても後ろ側に体が乗っかり、転倒してしまうという人が多いですね。

 

 

バックサイドターンでは、上半身をターンする方向にややひねるだけで、後を追うようにボードも回って行きます。ですので、この方向が変わっていくボードの動きと上半身の動きとが連動して回るという感触を覚えておくと良いです。

 

 

バックサイドターンのやり方としては、斜滑降でのフロントサイドから遠くにあらかじめ曲がる場所を決めて、立ち上がりながら重心を前足に移動させると同時に、ターンする方向に胸を中心に上半身を少しひねって先行させてやると、ボードが回っていきます。

 

 

この時に足元は見ないにように気をつけ、ボードが山側を周り込んで来たら、足首と膝を曲げながら体重をかけていきます。
体をターンの円弧の内側にやや傾けるだけで、かかと側に体重が乗るので、ボードがみるみる回ってくるようになります。

 

 

そして、ボードが徐々に回っていくにつれて、かかと側のエッジに両足荷重にしていくようにします。
この一連の動きで気をつけることは、目線は進行方向を向けておき、ターンをする為に上半身をひねるようにすると自然に回るのに、慌ててボードを動かしてしまうと後ろにバランスを崩してしまったり、逆ひねりが起きるので、基本姿勢をキープするように耐えることが大切です。

 

 

バックサイドターンを初めてやる初心者の人は、足元を見てターンが小さくなりがちになり、更にスピードが出ると怖くなり、体の軸が後ろ足にいったり、早くターンをしたくなり後ろ足を前に蹴り出したり、体を使って無理やりしようとしてしまいます。

 

 

したがって、常に大きくターンすることを意識して、一つ一つの動作を確実に行うようにすれば、急な動作を防ぐことにもなります。
前足に立ち上がりながら重心を移動させるターンの取っ掛かりが上手くできたら、前足の膝を進行方向に向けながら、ゆっくりターン弧の外側に後ろ足を出すようにするとうまくバックサイドターンが出来るようになるでしょう。

 

 

バックサイドターンでうまく板に乗れない悩み解決法をお教えします!

 

スノーボード上達革命DVDの詳細を見てみる >>

 

 

 
購入者の声 スノボード上達の基本 ターンのコツ カービングターンについて リンク集