エッジに乗り続ける 姿勢 カービングターン スノーボード上達革命 DVD 松本佳之 コツ 練習

エッジに乗り続けるを姿勢を身につける練習

カービングターンが上手く出来ますか?
このターンはエッジをずらすことなくターンしていく為、滑った後が綺麗な一直線になるのが特徴で、カービングターンに憧れてスノーボードを始めたと言う人も少なくないかも知れませんね。

 

 

そして、カービングが上手くできない一番大きな原因は、エッジに乗る感覚がわからないことでしょう。
その為、エッジに乗り続り続ける姿勢を身につけることが必要になります。

 

 

電車のレールに乗ったようなターンが連続して出来るようになるには、初めはゆるい斜面でスピードに耐えられる練習をすると良いですね。
最初は縦に長くなるように滑り、切り換えから次の切り換えまで距離を多めにとって両足荷重でエッジからエッジへと、腰から下の体重移動だけでターンするようにして、カービングの感覚を掴みます。

 

 

そして、中間姿勢をチエックしてから直滑降から滑り出し、腰から上の動きを押さえて、膝の動きを要にして各エッジに乗り込みます。
トゥーサイドは足首と膝を曲げて、ヒールサイドは膝を伸ばした姿勢でターンをするようにします。

 

 

徐々にリズムを速くなってくると、乗りやすい足で立ってしまいがちになり、両足で立っていられなくなってきます。
そうなると、前後の足の釣り合いが崩れてしまいボードがズレてしまいます。

 

 

リズムが早くなってきてもエッジに乗り込める姿勢の感覚を自分のものにすることが大切です。
上手く出来ない時は、どちらか一方の足に体重が偏ってしまいボードがズレることが考えられます。
また、コントロール不能になった場合は、体重が掛かっていない足を曲げて、両足荷重を意識しましょう。

 

 

なお、板の傾け方と、体の使い方でカービングターンも簡単にできます。

このプロスノーボーダー 松本佳之さん監修のスノーボード上達革命DVDでは、体重をかけるタイミングと足のどの位置にかけるかも教えます。ロングターン、ショートターンについても解説してあります。

 

カービングターンにおける注意すべき体の使い方をお教えします!

 

スノーボード上達革命DVDの詳細を見てみる >>

 

 

エッジに乗り続ける姿勢を身につける練習関連ページ

カービングターンはボードをねじらないことが大切
 
購入者の声 スノボード上達の基本 ターンのコツ カービングターンについて リンク集