カービングターン スノーボード上達革命 DVD 松本佳之 コツ 練習

カービングターンはボードをねじらないことが大切

カービングターンの悩みとして最近増えているのが、エッジを立てるだけならできるが、ターンとなると上手く出来ないというものです。

 

 

そして、カービングターンでは、ボードをねじらないことが大切ですね。
ですが、腰を上げたり下げたりすると重心が前後に移動しやすくなり、ボードがねじれてしまい、ボードがずれてしまうのです。
また、上下に動くと高い所から傾くことになるので、エッジを立てるの時間が掛かってしまいます。

 

 

その為、トゥーサイドターンの姿勢での腰を伸ばしていた姿勢から曲げていき、斜面に合わせて低くなるように前腰を谷側の方へ平行移動させるように意識して行うことが大切です。

 

 

つまり、背筋を伸ばした姿勢からお尻をターンのインサイドへ突き出す感じで腰を曲げれば、おのずと前側の膝も伸びてくるようになり、エッジが立ってくるのです。
また、この時に身体を前に向けることで、より体重をインサイドへ移動できます。

 

 

ヒールサイドでは横向きである為に、前足の膝を伸ばすほどエッジが立てられ、反対に膝を曲げればエッジの角度が緩みます。したがって、前側の膝の曲げ伸ばしでエッジの角度が調節でき、速いスピードにも耐えられるようになれるのです。

 

 

いずれにしても、トゥーサイドターンからヒールサイドターンへの切り替えでは、腰を伸ばした姿勢から曲げて行くようにします。
そして、前足を伸ばすほど、ヒールサイドのエッジに体重が乗ってエッジが立てられるので、前足のハイバックを起こしてターン中盤に向けて前足をつっぱって切り替えましょう。

 

 

このプロスノーボーダー 松本佳之さん監修のスノーボード上達革命DVDでは、文章では分かりにくいカービングターンの体の使い方やコツもDVDのハイスピード撮影ならではのスロー映像で分かりやすく解説してあるので、とても分かりやすく、しっかり取り組めば短期間で上達することが出来るでしょう。

 

カービングターンの体の使い方やコツをお教えします!

 

スノーボード上達革命DVDの詳細を見てみる >>

 

 

カービングターンはボードをねじらないことが大切関連ページ

エッジに乗り続ける姿勢を身につける練習
 
購入者の声 スノボード上達の基本 ターンのコツ カービングターンについて リンク集