カービングターン 姿勢 スノーボード上達革命 DVD 松本佳之 コツ 練習

カービングターンの姿勢

カービングターンの姿勢が上手く出来ていますか?
スピードが上がると、身体がついていかず暴走してコントロール出来ないという人も少なくないのではないでしょか。

 

 

そして、エッジを立ててずらさずに滑ろうとするとスピードが速くなりますが、そのスピードに体が遅れると、体重がボードに乗らずコントロールが出来なくなってしまいます。
その為、カービングターンを上手く行うには、スピードが速くても安定した滑れる姿勢が大切になってきますね。

 

 

車でも高速で曲がるには車高が低いスポーツカーが安定するように、低い姿勢を作ることが必要です。
その為には、膝と胸を近づけて全身を低く構えるとスピードが出ても強い姿勢(構え)になります。

 

 

やり方としては、フロントサイドターンの前半に、顔を上げて視線を斜面と水平にしたままエッジを立てていき、身体をボードの傾きに対して垂直になるようにして、可能な限りしゃがんでいきます。

 

 

ターンの外側になる方の手は下げて腰をはずさないようにし、ボードに乗り遅れないように身体を伸ばさずに低い姿勢のままエッジを切り換えます。
そして、膝と胸を近づけて低い姿勢を維持するようにします。

 

 

ですが、低い姿勢にならずに雪面を触ろうとするとお辞儀するような姿勢になってしまい、腰がはずれてボードがずれやすくなってしまいます。

 

 

そして、スピードのあるキレのあるカービングターンを生み出すコツは、スピードが増すのでいつもより視線は遠くにし、体全体がターン方向に向くよう視線を進行方向に向けることです。
上体は、滑るスピードにについていけるように背中を丸めて深い姿勢になって構えます。

 

 

足首はボードの角度を決めるので、ここがぐらついてしまうと全てが不安定になってしまうので、常に緊張させておきます。
また、肩のラインが斜面に対して平行になっていないと前後どちらかに体重が掛かりすぎてしまっているということになり、カービングターンが不安定になる原因の一つなので、斜面に対して平行で横向きに構えるようにすることです。

 

 

いずれにしても、自分の意志でスピードを出し、ターンをして初めてカービングターンと言えるので、ぜひ、ジェットコースターのようなスピード感や曲がっていく時の遠心力を生身の身体で体験できる本物のカービングターンを、この機会に身につけましょう。

 

中級レベルに必要なカービングのコツを丁寧に解説します。

 

スノーボード上達革命DVDの詳細を見てみる >>

 

 

 
購入者の声 スノボード上達の基本 ターンのコツ カービングターンについて リンク集