カービング ロングターン スノーボード上達革命 DVD 松本佳之 コツ 練習

カービングのロングターンは左右の大きさを均等に

カービングのロングターンが思ったところにボードが進まず、コントロールが出来ないという悩みはありませんか?
これは左右のターンの大きさが違いすぎていることが原因なので、均等になるように練習すると良いですね。

 

 

特にフロントサイドのターンは、エッジが立ちすぎてボードが回せなかったりしますし、バックサイドではずれ過ぎてしまって、エッジングが出来なくなってしまうこともあるんですね。

 

 

その為、左右同じリズムでターンが出来るようにすることが大切になり、それには一定間隔にポールを立てて練習を行うようにするのがお勧めです。

 

 

この練習でポールに合わせてターン弧を調整し、リズムを変えることが出来るようになれば、左右のターンが同じ大きさになってスムーズな滑りが出来るようになれる筈です。

 

 

やり方としては、緩・中斜面でスピードに乗ってロングターンを行いますが、ポールの横で急激に向きを変えるとバランスが崩れやすいので、手前から余裕を持って行い、目の前のポールだけでなく、2つ目を見ながら滑るようにすると良いです。

 

 

また、つま先を引き上げてボードの傾きを緩めないよう気をつけて、上に伸び上らないでターンの内側に体を移動させるようにしましょう。
更に、頭が前に傾くとエッジが立てにくくなるので、腰をターンの内側に移動させ、肩のラインを斜面と平行になるように維持して、目線を進む方向に向けるようにしましょう。

 

 

なお、カービング初心者は、バックサイドからフロントサイド移行で転ぶケースが多いので、このプロスノーボーダー 松本佳之さん監修のスノーボード上達革命DVDでは、その解消法が分かり、これをしっかり身に付けることで他のスキル習得にも役立ちます。

また、ロングターンが上手くなる加重のかけ方のコツも学べるので、この機会にしっかり取り組めば、遠回りせずに上達することが出来るでしょう。

 

ロングターンが上手くなる前・後の足の使い方のコツとは?

 

スノーボード上達革命DVDの詳細を見てみる >>

 

 

 
購入者の声 スノボード上達の基本 ターンのコツ カービングターンについて リンク集