ショートターン コツ スノーボード上達革命 DVD 松本佳之 練習

ショートターンのコツ

キレのあるスピーディーなショートターンが出来ますか?
ズレを出来るだけ使わないカービングのショートターンではスピードが重要になり、体が遅れないように積極的に谷側に移動することが必要です。

 

 

そんなショートのターンのやり方は、ボードが平らになっている時のバランスが大切になり、体にねじれをつくらないように均等に両脚に体重を乗せます。
そして、膝と腰をつま先側に同時に動かし、素早くフロントサイドのエッジを立てます。

 

 

視線は、斜面の下を見続けながら、ターンの後半まで足首を緊張させます。そうすることで体のバランスが崩れないようになります。
ですが、足首が緩んでボードがずれてしまうとバランスがとりにくくなり、体が遅れて暴走してしまいます。

 

 

そして、背中を丸めた猫背の中間姿勢を保つようにし、腰をかかと側に移動するのに合わせてつま先を引き上げ、ボードが下に向かって加速する時に、前肩を斜面に合わせて下げて行くようにします。

 

 

以上が基本的なやり方ですが、効率良いズレの少ない滑りをする為のカービング・ショートターンのコツとしては、まず視線に気をつけることです。
左右に振らないようにし谷方向を見続けるようにしましょう。

 

 

また、ロングターンのように横を長く向くことはないので、スピードがそれだけ速くなるので、上体が遅れないように姿勢を低くして、両肩を前に出し背中を丸めた猫背の姿勢を意識した上体のブロッキングも大切になります。
更に、両足首を緊張させることで、ターンの後半の良し悪しを左右しますし、肩が左右に振れなように肩のラインの傾きを斜面と同じにすることです。

 

 

そうすることで両足に均等に体重が乗り、どちらか一方の脚だけが大きくズレるといこともなくなる筈です。
しっかりコツを押さえて、ズレの少ないスピードに乗ったキレのあるショートターンが出来るようになりましょう

 

 

このプロスノーボーダー 松本佳之さん監修のスノーボード上達革命DVDでは、ショートターンの具体的な陸上での練習方法がわかります。

また、上半身を固定して板を傾ける、つま先に体重を乗せるタイミングなどのカービングを成功させるコツなども分かりますので、この機会にしっかり取り組めば仲間内で一番上手くなり、ジェットコースターのようなスピード感を思い切り楽しめるようになれるでしょう。

 

ショートターンのコツをお教えします!

文章では分かりにくいことも映像での解説ならバッチリ

 

スノーボード上達革命DVDの詳細を見てみる >>

 

 

 
購入者の声 スノボード上達の基本 ターンのコツ カービングターンについて リンク集