急斜面 カービング スノーボード上達革命 DVD 松本佳之 コツ 練習

急斜面でのカービング

急斜面でのカービングが上手く出来ますか?
スノーボードでカービングターンがある程度出来るようになってくると、より難しい急斜面で滑りたくなってくるものです。

 

 

ですが、これまでの伸び上がって切り換えるやり方では、体が遅れてしまい暴走します。
逆にベンディングで抱え込んで切り換える方法では、脚を伸ばした時に体がボードから離れてバランスが崩れやすくなってしまうなど、ロングターンでは難しくなります。

 

 

そこで急斜面でのカービングは、切り換える時に身体の高さを変えないで一定にするプレスと呼ばれる技術を使い、体全体を左右に傾けることでターンをします。

 

 

これなら急斜面でスピードが出ても身体が遅れることがありません。
そんなプレスのやり方は、必要以上に足首を強張らせたり、逆にリラックスさせすぎないようにすることがコツです。

 

 

また、構えも大切です。
ターン前半では加速するので、体をターンの内側に傾けながらエッジを立てるようにします。

 

 

この内傾姿勢はバランスはとりにくいですが、遠心力には強い特徴があります。
そして、ターンの後半はスピードをコントロールしていく局面なので、上半身を起こし体全体での傾きを下半身だけで行うようにします。

 

 

これがバランスをとりやすい構えになるんですね。
この時は外傾姿勢になり、ボードの傾きは前半より少なくなりますがズレが多くなるので、スピードをコントロールしやすくなり、バランスもとりやすくなります。

 

 

したがって、急斜面ではターンの前半に加速して、後半にコントロールして対応力を高めるようにすることで、急斜面でもカーピングが出来るようになれます。

 

 

なお、スノーボードに限らずとも初めが肝心です。
最初の手ほどき次第で嫌いになってやめてしまったり、その後の上達が早くなったりと大きく変わってくるのです。

 

 

累計3,215人を上達させたプロが教える秘密の練習法

 

スノーボード上達革命DVDの詳細を見てみる >>

 

 

 
購入者の声 スノボード上達の基本 ターンのコツ カービングターンについて リンク集