スノーボード上達革命 DVD 松本佳之 転び方 コツ 練習

怪我が少ない正しい転び方

怪我が少ないスノボードでの正しい安全な転び方をご存じですか?スノーボードをやった事がある人なら逆エッジで転ぶのは痛いということは知っているはずです。出来れば転びたくはないですよね。

 

 

とは言え、どんなに上手い人でも、ましてやプロでさえどうしても転ぶ場面はあるものです。ですが、一度、派手に痛く転んでしまうとスノーボードが怖くなり嫌いになってしまう方も多いです。

 

 

その為、ゲレンデに出る前に怪我を少なくして楽しく滑る為に、スノボードの前側と後ろ側の衝撃の少ない安全な転び方を覚えておくと良いでしょう。

 

前側(フロントサイド)への転び方
前側では、膝を曲げるようにして低くなった姿勢から前方に顔をあげてスライディングするイメージで、手など体を伸ばすようにします。この時に腕だけで体を支えようとしたり、膝だけをついたりしないようにすることが大切です。また、斜面にボードのエッジが引っかからないようにしてボードを持ち上げましょう。

 

後ろ(バックサイド)への転び方
後ろ側へ転ぶ時は、後頭部を打ちやすいので膝を曲げて低い姿勢になり背中を丸めて転ぶようにします。イメージとしてはお尻から背中にかけて転がるような感じで、この時にアゴをひくようにすると後頭部を打たないですみます。

 

 

また、平地ではボードが滑らないので転んだ際に起き上がるのは簡単ですが、斜面ではそういうわけにも行きませんね。その為、体よりも谷側にボードをもってくるようにして、斜面に対して真横に向けるようにすると滑り出さにようになります。

 

 

そして、斜面で後ろ側に転んだ場合は、かかと側のエッジを斜面に食い込ませて、腕を使って腰までボードを近づけ、片方の手を前に伸ばしながら、その力を上手く利用して起き上がります。

 

 

一方、前側では、つま先の方のエッジを斜面に食い込ませ、膝をついたところから腕を使って腰のあたりまでボードを近づけて立つようにすると良いでしょう。

 

 

なお、転んだ後の足の運び方で、体へのダメージが変わります。知らない人は絶対知った方が良いです。最小限の痛みでケガなく転ぶスキルは必須です。
また、エッジにひっかかり転倒するのが怖くてスピードが出せないという人も多く見られます。

 

 

ですが、このような悩みもプロスノーボーダー 松本佳之監修のスノーボード上達革命DVDでは、絶対に習得してほしい正しい転び方から転倒しないようにするエッジの使い方が分かり、スピードが出せない悩みも解決することが出来ます。

 

初心者でも、運動神経が悪い人でも短期間で自宅で上達できる練習方法

 

スノーボード上達革命DVDの詳細を見てみる >>

 

 

 
購入者の声 スノボード上達の基本 ターンのコツ カービングターンについて リンク集