スノーボード上達革命 DVD 松本佳之 スタンス コツ 練習

自分のスタンスはどっち?

スノーボードはまず、自分のスタンスを決めることが大切ですね。
スキーと違って横乗りするスポーツなので、必ず左右のどちらか一方の足が前にきます。

 

 

その為、スノーボードでは、左足が進行方向に対して前にくるレギュラーと右足が前にくるグーフィースタンスがあります。この二通りの中から、自分に合ったスタンス決めるようにします。
前足はボードの横や斜め滑りをコントロールする上でとても大切になってきますので、最初に自分の軸足を決めておく必要があります。

 

 

ですが、最初はどちらの足が前で、後ろにくるのかが分かりにくいものですが、基本的にはスノーボードは、軸足が前にきます。

 

 

この軸足というのは、例えば、ボールを蹴る際に軸となる足だったり、ボールを投げる時に前にくる足、陸上の走り幅跳びや高跳びでの踏み切る方の足です。

 

 

このように軸足は、自分の力をかけやすい方の足ということになります。ただ、これははじめにスタンスを決める際の目安ですので、あまりこだわる必要はありません。

 

 

それよりも、リフトに乗る時に移動する際によく行う片足スケーティングを何度かやって、しっかりと前足に体重をかけて乗れる方の足を見つけるようにしましょう。

 

 

また、かなり滑れるようになってから、どちらか自分に合っているかじっくりと再度スタンスを判断するのもいいかもしれませんね。実際に、レギュラーからグーフィーにスタンスを変えてみたら滑りが良くなったという人もいます。

 

 

スタンス幅は、人それぞれ骨格や脚力なども違うので色々試してみるのが一番ですが、私の場合は膝から下の長さを基準にして決めています。
バンディング間の中心を結んだ長さを、膝から下の長さにすると自分の場合はしっかり踏み込むことが出来るんですね。

 

 

人によってはしっくりこないという人もいると思うので、自分のやりたい滑りのスタイルに合わせてスタンス幅を見っけるようにすると良いと思います。

 

 

また、バインディングの角度には、絶対というものはないので、はじめのうちはそうであるかもしれないという勘である程度は決めて、滑れるようになってから、もう一度チエックしてみると良いと思います。
なお、一般的に問題のない角度と言われているのは、前足を20〜30度で、後ろ足は5〜15度程度を前に振るようにすれば間違いがないと良く聞きます。

 

 

ですが、あくまで自分にとって違和感のないセッティングにする為には、家で実際にブーツを履いてバインディングに装着して、様々な角度を試してみると良いでしょう。

 

 

初心者でも、運動神経が悪い人でも短期間で自宅で上達できる練習方法

 

スノーボード上達革命DVDの詳細を見てみる >>

 

 

 
購入者の声 スノボード上達の基本 ターンのコツ カービングターンについて リンク集