体軸 スノーボード上達革命 DVD 松本佳之

スノーボードは体軸を意識しよう

スノーボードで意識したいのが体軸だと思います。
これは基本的に体の真ん中を通る一本の棒をイメージしたものになります。

 

スクワット

 

頭のてっぺんから土踏まずまでを結んだ線を体軸といい、場合によっては頭のてっぺんから腰まで、腰から脚の付け根から土踏まずと分けることもあるみたいです。

 

 

で、体軸が1本の線で結べれば力をボードにダイレクトに伝えやすくなりますし、2本に分かれる線は、ターン中にバランスがとりやすくなりますから。

 

 

例えば、ドリフトターンでは、上半身を起こした姿勢で滑りますよね。
そうすることで低速の中でも体のバランスがとりやすく、ズレを使って滑りやすくなるんです。

 

 

この時のズレの調節は足首で行うようにするんですけどね。
で、体軸は股関節で大きく折れるようになり、この時の姿勢が「くの字姿勢」と言われ、ズラしやすい基本となります。

 

 

実際に滑っているときのターンの動きを見てみると、前半はボードから力を抜いて向きを変えるので、ボードの真上に立ち軸を1本にします。

 

 

そして、スピードをコントロールするターンの後半はバランスのとりやすい「くの字姿勢」にするわけですね。
なので、普段からスクワットなどのトレーニングをするといいかなと思います。

 

 

ただ、スノーボードのスクワットのやり方としては、つま先を上げで、かかとだけでスクワットをしたり、その逆をしてみるといいですよ。

 

 

やはり、初心者の上達の妨げになっているのは、斜面に対する恐怖心だと思うので、スピードのコントロールが出来るように体のバランスが上手く取れようにすることが大切なので、ゲレンデに行けない時は自宅でしっかりスクワットなどのトレーニングしておくことで、効率良く上達できるかと思います。

 

 

なお、私も経験あるのですが、同時期に友人とスノーボード始めたのにゲレンデ大きく差がつく場合は、たいてい自宅で練習しているか、していないかの違いですよ。('◇')ゞ

 

 
購入者の声 スノボード上達の基本 ターンのコツ カービングターンについて 購入レビュー リンク集