スノーボード上達革命 DVD 松本佳之 サイドスリップ 止まり方 コツ 練習

サイドスリップで止まり方を覚えよう

サイドスリップが上手く出来ますか?
これはスノーボードの基本的な滑り方で、ボードを斜面に対して横向きにして、谷側に滑り降りていく基本的な技術です。

 

 

また、唯一のスノーボードの止まり方(ブレーキング)でもあり、これから楽しんで上達していく上で、ターンなど様々な場面で必要になってくるので、しっかりマスターしておきたいですね。

 

 

そして、サイドスリップで大事なのは、トーサイドでもヒールサイドでも雪面に対して、エッジを押し付け、食い込ませるエッジングです。
ゆっくりやるものから急なエッジングまで、その時々で使いわけて、上体のバランス安定させることが出来るようにしたいものです。

 

 

ヒールサイドの場合なら、つま先側のエッジを引き上げる感触を体に覚え込ませるようにしましょう。
しっかり腰を山側に落として、上体をボードの中心にくるようにして、両足に均等に体重をかけて膝を柔らかく使って、体のバランスをキープします。

 

 

一方、トーサイドは背中側に斜面があって滑り下りるので、はじめてやる初心者の人は怖いかもしれませんが、ヒールサイドと同じように膝を柔軟に使って体のバランスを安定させることが重要です。
しっかりエッジングの強弱を操作できるようにしておきたいですね。

 

 

また、サイドスリップを行う際には、足の裏のどの部分に力が入っているのかというと、ヒールサイドではかかと、トーサイドでは足の指の付け根部分です。
良くサイドスリップでの教え方で、トーサイドでは「力を入れろ」と指導している光景を見ます。

 

 

このように言われると、つい足に力を入れて指先を丸めてしまいがちになりますが、これは良くありません。足の指はしっかり広げて雪面を押さえ込むイメージでエッジングするようにすると良いでしょう。
なお、スノーボードは、体重の乗せかたはとても重要なので、DVDなどでお手本を観て自宅でバランス感覚などを養う練習すると上達の進歩が速いです。

 

 

自宅でも1人でできる練習法とは?

雪山に行って、初めて練習するのではなく、友達に差を

つける意味でも知っておくと良い内容をお教えします。

 

スノーボード上達革命DVDの詳細を見てみる >>

 

 

 

 
購入者の声 スノボード上達の基本 ターンのコツ カービングターンについて リンク集