スノーボード上達革命 DVD 松本佳之 ターン 直滑降 止まり方

直滑降からの止まり方

直滑降からの止まり方をご存じですか?
真っ直ぐ滑り下りるなんて簡単となめていると、酷い目に合ってしまうことが良くあるので、確実に停止できるようにしておくことが大切ですね。

 

 

実際に、スノーボード初心者の人にとって直滑降は思ったよりずっと難しいので、油断しないで行いましょう。
そして、直滑降を始めたら姿勢を低くして、徐々に上体を伸び上げ、かかと側のエッジに体重かけながら、更に伸び上るようにし、その勢いを使って後ろ足を引き上げるようにしてボードを横にずらし始めます。

 

 

サイドスリップさせながら前にボードを押し出すようにして、体が前を完全に向いたら両足に体重をかけてエッジングを強めるようにします。これがヒールサイドでの直滑降からの止まり方です。

 

 

トーサイドで行うなら、サイドスリップして止まる時に、下半身は山側を向いた状態で、顔だけが視界を確保する為に前を見るような形になります。
やり方としては、直滑降を始めたら、腰を十分に落としてからつま先側に体重をかけ、徐々に体を伸び上るようにして、その勢いで後ろ足を横にずらし始め、視線はフォールラインを見たままで、後ろ足を谷側に蹴り出すような感じで、膝と足首は曲げたまま、サイドスリップさせながらボードが真横になり両足に体重がかかって停止するまでその体勢を保つようにします。

 

 

スノーボードを始めたばかりの初心者の人は、これからターンが上手く出来るようになる為にも、まずはスピードが出ても停止できるくらいの緩い斜面で直滑降からの止まり方の練習をすると良いでしょう。

 

 

また、緩い斜面での転び方に多いのが、よりによって危険な逆エッジです。予防するにしても使う方のエッジをしっかり立てるしかなく、身を守るのは怪我が少ない安全な転び方を実践するしかありません。

 

 

とは言え、スノーボード初心者の人は、真っ直ぐに滑ろうとしても、ボードが勝手にどちらか一方のエッジにかかってしまうこともあり、それを直そうとして逆エッジをくらうこともあります。
特に、緩い斜面では転んだ衝撃をまともに受けやすいので、無理して元に戻さないようにした方が良く、安全のためにも直滑降からの止まり方のテクニックは確実に身につけるようにしましょう。

 

なお、確実に直滑降から停止するには、3:7で体重をかけるタイミングが大切です。松本佳之プロ監修のスノーボード上達革命DVDでは、どのタイミングで体重移動するのか分かり、安全に楽しくスノーボードが上達できるようになります。

 

初心者からでも短期間で自宅で上達できる練習方法

 

スノーボード上達革命DVDの詳細を見てみる >>

 

 

 
購入者の声 スノボード上達の基本 ターンのコツ カービングターンについて リンク集